清野とおる「東京怪奇酒」

6462

1,000円(税込1,100円)

在庫状況 2

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
(公式インフォより引用)

紹介
清野とおるが友人知人他人から直接聞いた恐るべき「怪談」の数々…。
その怪奇現場に実際に足を運んで「酒」を飲んじゃおうってワケ。
嗚呼、一度でいいから「オバケ」を見たい。
でも怖い…けど見たい…怖い怖い…
やっぱ見た〜〜〜〜〜〜い!!!!!

目次
●恐怖の303号室
●奇妙な空き地
●霊穴アパート
●幻の大仏
●事故物件夫婦
●幽霊スタジオと陰陽師
【描きおろし】開運飯を食べに行く

著者プロフィール
清野 とおる (セイノ トオル) (著/文)
東京都北区赤羽在住、30代の男性漫画家。
『ウヒョッ! 東京都北区赤羽』(双葉社)、
『その「おこだわり」、俺にもくれよ!』(講談社)、
『ゴハンスキー』(扶桑社)など、
問題作を次々と発表し続ける奇才漫画家。

イメージはありません。