しろうべえ書房「京都町中華倶楽部 創刊号」

3931

650円(税込715円)

在庫状況 4

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
「懐石料理におばんざい、お豆腐にお漬物」というイメージが先行する京都の食文化ですが、中華料理もまた、庶民の味として京都人に愛されています。

本書はそんな京都の”町中華”の魅力をアーカイブする目的で創刊されたもの。徐々に消滅しつつある昭和的な町中華や、それ以外の中華料理店について様々な観点から紹介しています。

ページを開くと冒頭にいきなり「町中華映像漫画」というセリフのないマンガが延々続く驚きの構成。そしてそのマンガがまさに「映像漫画」という言葉通りに、今はなき「西陣亭」という京都の町中華の雰囲気を伝えてくれます。

A5/124ページ

(以下、公式サイトより)
この本は京都の町中華(昭和な町の中華屋さん)をアーカイブする目的で作られました。そして、町中華から京都の町の歴史をさかのぼる、これがこの本のもう一つの目的です。
町中華の消滅とともに、町の記憶も時の彼方に埋もれ、忘れ去られようとしている今、それらを記録し語り継いでゆくことが、われわれ京都町中華倶楽部の使命です。