イスクラ「コメコンデザイン13 社会主義建造物を追ってvol.2」

3734

950円(税込1,045円)

在庫状況 7

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
カメラを持ってヨーロッパを旅するイスクラさんによる、ドイツのケムニッツ周辺の社会主義時代の建築物を紹介する一冊です。

主に60年代〜70年代にかけて建築された建物には独特の整然とした美しさが漂っていますが、時代の流れとともに徐々に姿を消していっているそうです。本書では今も当時の姿で残っている貴重な建物が多数紹介されています。

A6/36ページ


(以下、公式サイトより)
2020プロジェクト
生きている社会主義建築を追い求めて。社会主義時代の建築物はどんどん取り壊されていますが一部の建物は手入れされ使われ続けています。大事にされ市民の愛がこもっていたり、町のランドマークとして生き続けています。
そういう観光ルートから外れるものの現存する貴重な建築を見に行くことを2011年頃から楽しみに続けていたのですが、この度、コメコンデザインシリーズとしてまとめることにいたしました。

●カールマルクスシュタットとライプツィヒ・ハレ

ライプツィヒからの二日で巡る社会主義建築巡り。

フルカラー36ページ、A6サイズ、マップ付き。
表紙:カールマルクスモニュメント