オオヤミノル「喫茶店のディスクール」(誠光社)

6594

1,700円(税込1,870円)

在庫状況 2

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
焙煎家のオオヤミノルさんによる、喫茶店を営むこと、仕事をすることから始まり、社会の仕組みや生き方の話にまで至る考察の書です。

喫茶店に限った話でなく、なんらかの形で社会と関わりながら生きていかなければならない私たちにとって、様々な刺激を受ける一冊です。

四六判変型 / 143ページ

(以下、公式インフォより)
著者:オオヤミノル / 出版社:誠光社 / 四六判変型 / 143P / 仮フランス装

われわれは一体誰と契約をしているのか?
SNSとグルメサイト、クラウンドファンディングとポイントカードに骨抜きにされた消費者万能の暗黒時代に模索する「いい店」の条件。自身の迷走を振り返りつつ、犬の目線で語る、経済、仕事、メディアにコミュニティ。金言だらけの与太話再び。

京都出身の焙煎人であり、京都[KAFE工船]、倉敷[カフェゲバ]などのカフェを営む著者が、街場の語り口で考える、この時代いかにして「いいお店」が成立するか。

情報消費、権威主義、労働者と消費者の物象化と疎外、シェアという名の労働力搾取まで、昨今の小商いにまで侵食する不可解な現象を、社会契約論にまでさかのぼり、共有地、贈与、ローカルなど広範囲にわたるキーワードとともに考察した、痛快かつ深い喫茶・小商い論。

イメージはありません。