都築響一「秘宝館」(青幻舎)

6761

2,300円(税込2,530円)

在庫状況 2

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
(公式インフォより引用)

紹介
神は局部に宿る!

空前の観光ブームのなか1970年代〜観光地に誕生したオトナの娯楽施設「秘宝館」
斬新奇抜な創造力が溢れる、それぞれの館の演出は現代においても新鮮に映る
昭和という時代が生んだ性のアミューズメントパークは、アート空間のようだ
秘宝館のその後を追った、2023年に取材した写真、原稿も掲載。

-------------------------------------------------------------------------

本書に登場する秘宝館のほとんどはもう存在しないし、たぶんここでしか写真すら見られない秘宝館もある。子どもがオトナになるくらいの、ほんの少し前に、日本人がこんなにヘンな場所をつくって、それが裏観光名所として賑わっていた時代があったこと。それを恥ずかしく思うか、楽しく思うかで、僕らの国を見る眼差しはずいぶん変わってくるはずだ。

都築響一

著者プロフィール
都築響一 (ツヅキキョウイチ) (著/文)
1956年東京生まれ。1976年から1986年まで「POPEYE」「BRUTUS」誌で現代美術・デザイン・都市生活などの記事を担当する。1989年から1992年にかけて、1980年代の世界現代美術の動向を包括的に網羅した全102巻の現代美術全集『アートランダム』を刊行。以来、現代美術・建築・写真・デザインなどの分野で執筆活動、書籍編集を続けている。1993年、東京人のリアルな暮らしを捉えた『TOKYO STYLE』を刊行。1997年、『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』で第23回木村伊兵衛写真賞を受賞。現在も日本および世界のロードサイドを巡る取材を続けている。