大和堂「怪し噺」

3757

800円(税込880円)

在庫状況 5

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
江戸時代を楽しむ冊子を発行する「大和堂」による、江戸時代の怪談集です。

「宿直草」「奇異雑談集」「義残後覚」という江戸時代に作られた怪談集に収められた話から選りすぐり、「犬に嫁した娘」「蛸と蛇の対決」をはじめ8つの話を現代語訳しています。

九鬼匡規さんによる表紙、挿絵も美しい一冊です。

A5/24ページ

(以下、公式サイトより)

江戸時代・初期前後の怪談を、現代語に意訳してご紹介します。
犬に嫁した娘の顛末や、富士の裾野で交わした幽霊との約束、思わず笑ってしまうかわいい狸の物語など、合計八つの不思議な物語をお楽しみください。

<目次>
「犬に嫁した娘」
「蛸と蛇の対決」
「左手開かざる由縁」
「やま姫」
「狸が教えた薬」
「京へ上る上臈」
「飯を喰らう死人」
「古堂に磔られた女」

◆表紙絵・挿絵/九鬼匡規
◆デザイン・訳/大和 愛

イメージはありません。