濱田紘輔「Between Me & the US」

5696

3,000円(税込3,300円)

在庫状況 2

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
写真家・濱田紘輔さんによる、2016年から2018年にかけてのアメリカで撮影された写真集です。

アメリカ中を車で走っていたという濱田さんが出会った人々の写真が中心なのですが、その人々の自然なたたずまいが魅力的です。撮影時期はトランプ大統領が誕生する前後で、アメリカ国内が大きく変化していくタイミングでもありましたが、自由な雰囲気の漂う人や、広漠とした風景からは紛れもないアメリカらしさが伝わってきます。

撮影期間中に記された日記を再録した小冊子も付属します。

182mm×257mm / 96ページ フルカラー
日記小冊子 / 10ページ

(以下、公式インフォより)

現在は、東京を拠点に活動中の写真家、濱田紘輔による2冊目の写真集。

LAのコインランドリーに集う人々を撮影した写真集『THE LAUNDRIES』の姉妹版とも言える本作は、写真家が2016年から2018年の間にアメリカで撮影した作品で構成されています。

2016年から18年の間は、トランプ大統領の就任前後という期間でもあり、多くのメディアではその混乱ぶりが報道されていました。しかし、本作に収められている、写真家が出会って言葉を交わし撮影した人々の姿、顔からは、そのような雰囲気は感じず、寧ろ穏やかでチャーミングな印象を受けます。

様々なイメージや言説が、大きな主語に回収されがちな現代ですが、ここに現れているのは、確かに結ばれたであろう彼と彼らの関係です。この個別の関係にこそ、希望がある。そんな気がします。


―――

レンタカーを借りて一人でアメリカ中を回っていたある日、ヒューストンの郊外に着いたのは夜遅くだった。12月末の真冬なのに蒸し暑い夜で、モーテルでビールが飲みたいと思い近くのスーパーマーケットに立ち寄ることにした。レジで会計を済ませようとすると案の定、年齢がわかるものを見せるようにと店員のお姉さんに言われた。毎度のことで驚きはなかったが、当時25歳の僕は、アメリカではどこに行っても21歳以上には見えなかったらしい。パスポートを渡して彼女が生年月日に目を通すと「ハッピーバースデー」と陽気な口調でパスポートを返してくれた。明後日は僕の誕生日だった。僕は照れながらありがとうと言ってお店をあとにした。その時の会話が、5年経った今でも映画のワンシーンのように鮮やかに記憶に残り続けている。

_濱田紘輔



濱田 紘輔 / Kosuke Hamada
フォトグラファー
1990年、三重県生まれ。
東京を拠点にクライアントワークを手がける傍ら作品を制作。2019 年に写真集『THE LAUNDRIES』を出版、 全国各地で個展を開催。
https://www.kosukehamada.com/
instagram: @kosukehamadas