吉村生・高山英男「暗渠パラダイス」

3826

1,800円(税込1,980円)

在庫状況 2

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
A5/224ページ

(以下、公式サイトより)
川もないのに現れる橋跡、くねくね道、車道に比べ広すぎる歩道……街中の違和感はそこが暗渠だった可能性がある。暗渠×猫/鉄道/人物といったお題に、異なる切り口の二人が縦横無尽にマニアック道を駆け抜ける。地方暗渠も紹介。暗渠的街歩き本の決定版!

暗渠パラダイス!
それは、異世界へのゲートウェイ

都市を縦横無尽に走る“見えない川"。
そこに息づく、暮らしの痕跡――
暗渠を歩き、土地の記憶をたどると
いつもの街が煌めいて見えてくる。

川もないのに現れる橋跡、くねくね道、
車道に比べ広すぎる歩道……
街中の違和感はそこが「暗渠」である可能性がある。

「街道×暗渠」
「鉄道×暗渠」
「猫×暗渠」
「馬×暗渠」
「人物×暗渠」といった9つのお題に
俯瞰型と深掘型、異なる切り口の2人が、
縦横無尽にマニアック道を駆け抜ける。
地方の暗渠、海外の暗渠も紹介。
暗渠的街歩き本の決定版!

-----------------------------------------------------------------------
暗渠に、強く魅せられつづけてきた。
そこに川があった、と知ったとたん、風景が劇的に変わる。
ただの路地が、探検の舞台となる。
規則正しいまちなみからはみ出た、川のたましいの声に耳を傾ければ、
情緒豊かに時の地層が現れる。
川を介し、他のまちや、故人ともつながりを感じる。
なじみのまちに、さらに愛着が湧く……
暗渠の効能は絶大だ。
(「一冊の本」2020年2月号 吉村 生「鳥と蛙の眼で見つめるまちの記憶」より)
-----------------------------------------------------------------------

(目次)
はじめに
【序 章】 暗渠のきほん

【第1章】 街道と暗渠
五街道・暗渠的「推しミチ」決定戦・・・盪
街道を流れていた水路たちのものがたり・・・吉村
[コラム1] 青森、北国の水路と生命力(青森県青森市)

【第2章】 鉄道と暗渠
貨物線、その暗渠的なるもの・・・盪
互いに影響しあう、中央線と桃園川・・・吉村
[コラム2] もっと知りたい下谷田遊歩道(栃木県下野市)

【第3章】 都市開発と暗渠
暗渠vs.開発 勝敗のゆくえ・・・盪
事例に見る、都市開発と暗渠の戦いの歴史――玉川上水と三原橋・・・吉村
[コラム3] キャラが際立つ板橋三大暗渠(東京都板橋区)

【第4章】 データと暗渠
川区境データ――23区の区境を開渠と暗渠で見てみたら・・・盪
全身で暗渠を感じるための定性データ・・・吉村
[コラム4] 島田の街のGDA(静岡県島田市)

【第5章】 猫と暗渠
猫は暗渠サインたりうるか――「ニャン渠」に関する一考察・・・盪
猫地名は暗渠サインたりうるか・・・吉村
[コラム5] 「見開き暗渠」で夢体験(広島県東広島市)

【第6章】 馬と暗渠
「Hor水路」でめぐる馬と暗渠・・・盪
競馬場と暗渠、5次元からの読み解き・・・吉村
[コラム6] 「霧裡薛圳」で、魚と化して水を探す(台湾・台北)

【第7章】 縦軸横軸 七つの視点
暗渠は禅である、か――暗渠鑑賞七つの視点・・・盪
七つの時代を行き来する、井草川縄文暗渠さんぽ・・・吉村
[コラム7] ハノイの暗渠にかつての東京を見た(ベトナム・ハノイ)

【第8章】 人物と暗渠
「ジョアン・ジルベルト」で味わう水窪川暗渠・・・盪
文人とともに夜の妄想暗渠さんぽ――蟹川と六間堀、五間堀・・・吉村
[コラム8] タビマエ、至福時間の過ごし方

【第9章】 一つの都市を暗渠で斬れば [横浜編]
横浜の交差点に息づく暗渠――暗渠×橋×交差点で見る横浜南区川事情・・・盪
千代崎川飲み下り・・・吉村
[コラム9] 暗渠カレー図鑑

おわりに