コトリス「喫茶店の人」

6791

1,000円(税込1,100円)

在庫状況 7

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
喫茶店の記憶をささやかに記録するブログ「喫茶のすたるじあ」の書き手でもあるコトリスさんによるZINEです。

コトリスさんが喫茶店通いをはじめるきっかけになったという十三の喫茶「なにわ」と「もみの木」と、岡山の喫茶「東京」「イフ」の思い出や、神戸の「珈琲ん」「バロン」といった喫茶店を創業した人、その経営を受け継いだ人に焦点を当て、たくさんのカラー写真と文章とで紹介しています。

丁寧な取材によって構成されたことがわかる一冊で、歴史ある喫茶店が好きな人の胸に響くであろう内容になっています。

B5サイズ/36ページ・オールカラー

(以下、公式インフォより)

2023年12月2日発行
B5サイズ・36ページ・オールカラー

「記憶に残る喫茶店」では、喫茶店通いをはじめるきっかけになった十三(大阪市淀川区)の閉店喫茶「なにわ」と「もみの木」と、岡山で出合った「東京」「イフ」の思い出を。

「受け継がれる神戸の喫茶店」では、それぞれの形で歴史を未来につなげるふたつの喫茶店を特集。
喫茶店のバトンを渡す人(創業者)・渡された人(現店主)の取材記事を掲載しています。

写真、文章、デザインをすべて自分ひとりで手掛けています。

【見本】
https://drive.google.com/file/d/1_OEzwdMz8pFz7n3ewXLiXQ32NTMWqFcj/view