手条萌「推しが結婚するということ」

3631

500円(税込550円)

在庫状況 4

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
年間250店以上のカレーを食べ、カレー同人誌『ガラム政宗』を制作するなど、ハマったらなんでもとことん掘り下げる手条萌さんによる、「推し」と共に歩む人生を考察する一冊です。

表題の通り、「推しが結婚した時、どう考えればいいのか」とか、「推しが逮捕されたり、死んでしまったらどうしたらいいのか」ということがじっくりと考察されています。

「推し」とは、自分と世界との接続なのだ書く手条さん。本書は自分と世界との関わり方に関する哲学として読むこともできます。

A5/32ページ

(以下、公式サイトより)
推しの結婚をメインに、炎上や死など、おめでたいことからそうでないことまで、推しに起る出来事と、それらへの向き合い方を探る処方箋。