宮下潤也「看板建築図鑑」

3411

2,800円(税込3,080円)

在庫状況 2

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
(公式から引用)
ギリシャ神殿?大銀行?銭湯!
関東大震災によって壊滅的な被害を受けた東京に、防火の都合上、建物の正面を銅板やモルタルで覆い、そこに西洋風のレリーフや江戸の文様など様々な装飾を施した町家建築、すなわち看板建築が現れた。「古典的な規則にしばられず、独創的で、自由で、なにより人々の熱意が息づいている」。この独特な表情を持つ建物群に、建築設計士である著者は惹かれ、また今ではなかなか見られない職人の高度な技術があることにも気づく。本書は、昭和初期に建てられたものを中心に全国の看板建築の立面図に詳細な解説を加えた、看板建築のイラスト図鑑です。読み物も充実。大判の本でご堪能ください。

160ページ B5判変型ハードカバー
カラー

イメージはありません。