島田潤一郎「古くてあたらしい仕事」

3721

1,800円(税込1,980円)

在庫状況 3

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
黒田三郎「小さなユリと」、三品輝起「すべての雑貨」など、素晴らしい本を世に産み出し続ける出版社「夏葉社」の島田潤一郎さんが、「夏葉社」が生まれるまでのことやその後のことを綴った一冊です!

(公式より引用)

噓をつかない。裏切らない。ぼくは具体的なだれかを思って、本をつくる。それしかできない。

吉祥寺でひとり出版社「夏葉社」をはじめて 10 年。作家志望だった著者は、幼いころから兄弟のように仲良くしていた従兄を事故で亡くしたこと機に転職活動をはじめるも、50社連続不採用。33歳で夏葉社を起業した。編集未経験からの手探りの本づくりの日々、苦手な営業をとおして肌で触れた書店の現場。本づくりをともにしてきた和田誠さん、庄野潤三さんの本をめぐる庄野家のひとびととの交流。たったひとりですべてやる、 小さな仕事だからできること。大量生産、大量消費以前のやり方を現代によみがえらせる、ひとり出版社「夏葉社」の10年が伝える、働き方と本の未来。

イメージはありません。