「trailer zine vol.3」

7302

1,818円(税込2,000円)

在庫状況 4

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
クィア、ジェンダー、フェミニズム、孤独や連帯にまつわる本やZINEを扱う東京・大久保のブックスストア「loneliness books」がサポートするZINE「trailer zine」の第3号です。

取材は金相佑(キム・サンウ)さん、撮影は趙秉旭(ジョ・ビョンウク)さんによるもの。東京でクィアシーンに関わる国籍もセクシュアリティも異なる人々を取材し、その人々の姿を切り取った美しい写真と、その裏には本人たちの言葉が英語・日本語併記で綴られています。

一人一人の思いが写真とテキストを通じてしっかりと伝わってくる内容です!横に長い紙が織り込まれたような体裁になっています。

H175mm×W130 mm/30ページ フルカラー

(以下、公式インフォより)

クィアネスを軸に
日本が抱える人権の課題について問う

東京でクィアシーンに関わる国籍もセクシュアリティも異なる人々、 彼らが暮らす街や部屋、 閉鎖的な出入国在留管理局前やコロナ禍で人がいなくなった羽田空港で撮影したポートレイトと、 コロナ禍でのセックス事情からBlack Lives Matter(BLM)や政治的なデモまで、 様々なインタビューを収録したフォトブック『trailer zine』。 2021年に発刊されたvol.1とvol.2に続いて、 『trailer zine』vol.3が2022年8月に出版されます!

******

"自費でなぜ「ジン」を作ったのかというと、 自分にとって切実なマターだったからです。 外国人として、 いま日本から出てしまうといつ会えるのか分からない「わたしたち」を出版という形で残したかった…わたしたちクィアの人生を集めて、 何かの予告にしたかったので「トレーラー」と名付けました"
"「Silent=Death(沈黙は死)」という、 1980年代のHIVの運動家たちが訴えたメッセージを信じます。 一方、 2019年の香港民主化デモでは「兄弟爬山 各自努力(兄弟が山を登る時は各自努力する=みんながそれぞれの方法で、 お互い頑張ろう)」というスローガンが街に響きました"
"わたしたちクィア当事者も、 プライドを「生存の問題」として考えるべきです。 会長や役員がヘイトスピーチを発信する企業や、 時代遅れの政治家にどう向き合うか考えていきましょう" 

ーGQ Japanインタビューより 著者:キム・サンウ


******

【vol.3】

Pora/ポラ
[Drag performer, Gay bar Eagle Tokyo staff/ ドラァグパフォーマー・ゲイバー「Eagle Tokyo」スタッフ]

DJ Hugest, Fukutsuka Yuto/DJ Hugest, 福塚悠途
[DJ, Web Director/ DJ・ウェブディレクター]

Shigeru/シゲル
[Gay bar Eagle Tokyo Blue manager, Go-go dancer, Drag performer/ゲイバー「Eagle Tokyo Blue」

Shin the Nudist/シン・ザ・ヌーディスト
[Pornographer, Plant lover/ ポルノグラファー・植物愛好家]

Okini Marciano/オキニ マルシアーノ
[Drag performer, Fashion designer, Student/ ドラァグパフォーマー・ファッションデザイナー・学生]

Koppi Mizrah/コッピ・ミズラヒ
[Vogue dancer, Therapist/ ヴォーギーングダンサー・セラビースト]

Kila/キラ
[Model/ モデル]

Taiga/たいが
[Go-go dancer, Floor boy/ ゴーゴーダンサー・フロアボーイ ]

Son Ju-seok/ソン・ジュソク
[Kokubunji Dance Club, YZOS+ member, Designer/“国分寺ダンス倶楽部”“YZOS+”メンバー・デザイナー]

Yoshito/よしと
[Kokubunji Dance Club, YZOS+ member/“国分寺ダンス倶楽部”“YZOS+”メンバー]

Victoria Strondh/ビクトリア・ストロン
[Drag performer, Gay bar Eagle Tokyo staff/ドラァグパフォーマー・ゲイバー「Eagle Tokyo」スタッフ]


******


企画・取材・執筆:金相佑(キム・サンウ/김상우)
写真:趙秉旭(ジョ・ビョンウク/조병욱)
校正:ラビアナ・ジョロー/メレンゲ
デザイン:潟見陽(loneliness books)
表記:日本語、英語
出版元:loneliness books
H175mm×W130 mm/30P/2022