芳賀千尋・のがみもゆこ他「MARUIKE HOUSE BOOK」

3554

864円(税込950円)

在庫状況 7

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, pleae click this banner!
東京・駒込に存在したアパート「マルイケハウス」をめぐるあれこれをまとめた一冊。

2019年、惜しまれつつも55年の歴史に幕をおろした「マルイケハウス」のファンブックのような趣です。

「マルイケハウス」は「円池荘」という名のアパートだったらしく、そこにネパールから日本にやってきた人が住むようになり、海外の人にも親しみやすいようにと「マルイケハウス」と改名したそうです。2010年の夏に火災にあい、一度は危機に瀕しながらも再建し、その後もアトリエや雑貨店が入るスペースとして活用され続けてきたといいます。

のがみもゆこさんによるマンガ「マルイケヒストリー」、大家をつとめた「マダム」こと芳賀敏子さんへのインタビューなどから、愛される場の作り方のヒントが見つかりそうな気がします。

A5/50ページ フルカラー