「文集・バイト」(生活綴方出版部)

6477

900円(税込990円)


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
役者、飲食業、出版業、デザイナーなど様々な職種の方々が、自分のアルバイト体験について綴った文章が収められた一冊です。

様々な仕事体験を通じて、「色々な仕事をして生活している人がいる」という当たり前の、でも普段はなかなか想像しにくいことが身近に感じられてきます。

中岡祐介さんの「生活綴方」で作られた素敵な本です。

B6/48ページ

(以下、公式インフォより)
こないだ四〇歳になった。これまでの人生でもっといろんなしごとをしてこれたらよかったのに、とふと思った。人生だいたい八〇年として、あと半分しか時間がない。こういう動物に生まれてしまったからには世の中のできるだけ多くのものごとに触れてから死にたい。

多くのものごとに触れるためには多くのしごとをするのが一番だ。得られる金銭の多寡は、その場合関係がない。

とはいえ、無限にあるしごとをじぶんのからだで体験することはできない。

だから多分、ぼくは本を読むのだろう。作品世界のなかで、登場人物がどんな仕事で生計を立てているかがいつも気になる。フィクションよりも、実際に生きているひとを題材にしたノンフィクションが好き(小説はほとんど読まない)なのもきっとそういうことだ。でも、もっと好きなのは、身近なひとが書いた文章だ。いつも顔を合わせるひとがどんな仕事をしているのか、してきたのかに興味がある。とくに、手を動かしているしごとをしているひとが好みだ。



この文集は、ぼくの爐靴瓦斑里蠅燭ね澂瓩鯔たすためにつくった。しごとのなかでも、バイトに限定している。狎亀瓩里靴瓦箸力辰任發茲ったのだけど、バイトのほうがバラエティが豊かできっと面白いだろう。しごとの内容だけでなく、しごとを通じて出会ったひとや、できごとの記憶をくわしく綴ってもらった。

(序文より)

目次:
キネマと恋人 曽根雅典
人間の着ぐるみを着るバイトだよ とりあえずビール
面倒なしあわせ みやべほの
バイト気分の雑魚 橋本亮二
報酬はピザ二枚 そいそい
記憶の贈り物 向田鉄
祭りの日 小谷輝之
ホームカットとトミーフェブラリー 千葉美穂
二十四歳で坊やと呼ばれるという事 須賀紘也
産経新聞を一緒に読むバイト 中岡祐介

イメージはありません。