「反「女性差別カルチャー」読本」(タバブックス)

5201

1,000円(税込1,100円)

在庫状況 9

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
"「女性差別カルチャー」はなぜなくならないのか"について17人の執筆陣が考察する論考集です。

MeToo運動が大きなうねりとなり、職場でのセクハラや映画撮影現場での性暴力などが従来より明るみになってきた昨今でも、メディアやネット・SNS上ではいまだに女性差別の事例が散見されます。

女性差別が生まれる背景にどんなものがあるのか、その根深い問題について考えるきっかけになる一冊です!

B6/70ページ

(以下、公式インフォより)
B6版・70ページ
デザイン 井上麻那巳
発行 gasi editorial
発売 タバブックス
2022年5月30日発売

女性差別的発言、誹謗中傷、攻撃、からかいなど、SNSやメディア、リアルの生活において女性差別を「ネタ」として扱う、いうなれば「女性差別カルチャー」はなぜなくならないのか。この問題について研究、メディア、書店など多様な立場の執筆者たちがさまざまな形で考察した、読み応えある論考集です。

【目次】
小林えみ ハトシェプスト
小山内園子 お仕置き名刺
関口竜平 文化=刷り込まれた価値観を認識するために
北村紗衣 うぬぼれ屋さん、この文章もたぶん自分のことだと思ってるんでしょ?
霤朕仁ぁ 崕性差別カルチャー」の背景にある、男同士の絆
能川元一 「表自戦士」のフェミニズム・バッシング
河野真太郎 岐路に立つこと
小川たまか ミサンドリスト裁判
隠岐さや香 終わらない革命
山田亜紀子 私たちは屈しない――女性運動に対するSNS上の誹謗中傷
松尾亜紀子 「女性差別カルチャー」を知り、脱するために読みたい5冊
宮川真紀 どこから、どうやって人は変わるのか
山口智美 メディア抗議と「フェミだんまり」批判
越智博美 「不愉快な思いをされた方がいたら申し訳ないんですが」——ホモソーシャル共同体入会への符牒
松永典子 性差別のない文化の夢を見る
渚 一介の映画好きにできる二、三の事柄(あるいはもっと?)。 
清水晶子 無題

イメージはありません。