わたのはらさゆ「BRANCH_HIROSHIMA vol.3」

5781

300円(税込330円)

在庫状況 3

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
リトルプレス作家のわたのはらさゆさんによる、「広島の過去と現在を観察する」をコンセプトにしたシリーズ「BRANCH_HIROSHIMA」の第3号です。

本書のメイン特集は「移動手段が旅になる」。いつもよりちょっとリッチな電車に乗って広島県内を旅したり、距離の近い電車路線間を徒歩で乗り換えたり、普段なら当たり前の交通手段としてしか利用していないものを別の切り口から眺めてみることで、「小さな旅」の楽しみを作り出しています。

わたのはらさゆさんが広島エフエムの生放送に出演した顛末記も!

A5/44ページ

(以下、公式インフォより)
旅は日常のすぐそばにある。私たちがそれに気づいていないだけ。
広島の人も知らない広島、 広島の過去と現在を見つめるシリーズ、第三弾。

本の内容
<本文より>
こんな時だからこそ、県内や市内に限った小さな旅行が必要だ。
それも出来るだけ用事を絡めながら、日常生活に寄せつつ旅気分を味わおう。
今回この本で提案するのは、そんな三つの小旅行である。
見方次第でただの移動が特別な旅に生まれ変わるだろう。

●巻頭カラー etSETOraで尾道へ/変わっていく尾道を写真で確認する

●MAIN THEME
特別な客車から海を眺めてティータイム 々島〜尾道 呉線経由etSETOraの旅
クルーズツアーは自分で作ればいいんです 広島港発 無意味に意味がある周遊ツアー
線路同士の距離に気づくと物語が始まる 7殀線〜可部線 徒歩乗り換え大作戦

●SPIN-OFF
もしもラジオに呼ばれたら
広島エフエム生放送 出演の準備と記録