【特典つき】酒の穴(パリッコ/スズキナオ)「”よむ”お酒」

3378

1,400円(税込1,540円)

在庫状況 2

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
酒場ライター・パリッコとスズキナオの2人による世にも珍しい飲酒ユニット「酒の穴」によるリレーコラム集!
弊社シカク出版が発行した「酒の穴」は2人の中身のない対談が延々と繰り広げられていましたが、
こちらの本では2人の役に立たないコラムが延々と、400ページ近くも掲載されています。
コラムになっても、読んでいるとなんだか笑えて、ぬるま湯に浸かっている気持ちになって、そして次の日には何を読んだか思い出せない……
そんな飲酒の感覚を文章で味わわせてくれる酒の穴マジックは健在です!

★シカク限定購入特典として、かつてシカクで行われていた幻のイベント「酒処ナオ」のステッカーをおつけします!

===========
(以下公式サイトより)

これは世界一役に立たない“お酒”の本です。
でも、読むと人生が少しだけラクになる…かも。


cakes連載『パリッコ、スズキナオののんだ?のんだ!』を書籍化

酒にまつわるあれこれをゆるーく、ぬるーく、たまに真剣に書き綴る。
人気酒場ライター2人による酒飲みユニット「酒の穴」による初エッセイ集!

ナオ 最近の酒はどうですか? どんな酒ですか?
パリ どうもこうも、なんていうか、「どうでもいい酒」って感じです。
ナオ はは! 俺もだなー。つまり、日常的で、平凡な。<中略>
パリ そうそう、でも「どうでもいい」って、こだわりを捨てたから自暴自棄にしか飲まないとかじゃなくて、どこで飲んでても楽しいし美味しい。
ナオ まさに!
(本文箸休め対談より)


<プロフィール>
酒の穴
パリッコ、スズキナオの二人によって結成された、お酒の可能性追求ユニット。川面を眺めて酒を飲んだり、住宅街を散策したりするといった活動が中心。著書に『酒の穴』(シカク出版)『椅子さえあればどこでも酒場 チェアリング入門』(Pヴァイン) がある。

パリッコ
東京生まれ。酒場ライター、DJ/トラックメイカー、漫画家/イラストレーター。著書に『酒場っ子』(スタンド・ブックス)、『晩酌百景』(シンコーミュージック) 『ほろ酔い!物産館ツアーズ』(少年画報社)などがある。

スズキナオ
東京生まれ。大阪在住。フリーライター。テクノバンド「チミドロ」のメンバーで、大阪・西九条のミニコミ書店「シカク」の広報担当も務める。「デイリーポータルZ」「メシ通」等のWEBメディアで記事を執筆。著書に『深夜高速バスに100回ぐらい乗ってわかったこと』(スタンド・ブックス)がある。


人気酒場ライター、スズキナオ、パリッコによる、酒にまつわるアレコレをゆるーく、ぬるーく書いた“初”のエッセイ集。


【“よむ”お酒 お品書き】

はじめに

ポイントカードのポイントを使ってまで飲む/会社の飲み会/酒場のおつまみシェア問題/酒のシメ問題/酒と親族 泥酔した自分たちを見せあう謎/酒の席の会話
/気になるあの店員さん/酒場で出会った不快イ話/ずっとほどほどに酔っていたい/酒と睡眠

箸休め対談1
飲んで書いてれば酒エッセイ?

高い酒と安い酒/終電逃し/酒と地面 私の失敗/平成おじさん/終電逃し その二/酔描 〜初夏の公園にて〜/新幹線でどう飲むか/素面面/新しい酒のことわざ/老舗酒場

箸休め対談2
あらゆる店がスタンド割烹?

酒場のカオス/仕事酒/ノンアルコール飲料という存在/酒としらたき/酒場のマドンナ/都市の隙間で飲む/酒とバイキング/ベビーチーズはまだやれる/居酒屋の名前/常連考

箸休め対談3
ノンアル道

注文のタイミング/「混ざらない」問題/酒とかくれんぼ/必要ないのにやめられない「前飲み」の世界/あらためて、チェアリングが楽しい/酒と奇跡/台所に立って鍋をしながら飲むのはどうか/焼酎のタピオカ割り/究極の酒のつまみは粒子系/粋な飲み方/

箸休め対談4
カレーは飲み物、唐揚げは粒子

フェリーで飲む際に気をつけて欲しいこと/にんげんこわい/二日酔いについて/酒と幼なじみ/ひとり酒、みんな酒/今すぐ飲みたい!/酒と生きる/酒と劣等感/酒とエッセイ(スズキナオ)/酒とエッセイ(パリッコ)

おわりに

イメージはありません。