DVD探知犬(VACANCES編集部)「VACANCES 4 待ちびらき」

7300

1,091円(税込1,200円)

在庫状況 17

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
ライター/編集者の原航平さんと上垣内舜介さんが中心となって作る自主制作カルチャー雑誌「VACANCES(バカンス)」の第4号です!

「待つ、ひらく」ことをテーマに作られたという一冊。前号よりもさらに多様な執筆陣が参加し、待つことやその重要さについて表現しています。

新書本のようなサイズでちょうどよく手に馴染む感じがあります。西村ツチカさんによるカバーイラストも可愛いです。

新書サイズ/140ページ


(以下、公式インフォより)

■Contents

カバーイラスト|西村ツチカ

【雑談と言葉遊び】
青松輝×島口大樹×瀬口真司

【インタビュー】
ダ・ヴィンチ・恐山
二ノ宮隆太郎

【哲学対話】
永井玲衣(さんと編集部)

【寄稿】
大橋裕之[マンガ]
小原晩[小説]
黒田杏子(ON READING)[エッセイ]
布施琳太郎[小説]
葉山莉子[エッセイ]

【編集部の創作】
硬井グミ[小説]
もりみわこ[詩]
縞馬は青い[小説]

【プライベートビーチより(巻末企画)】
・友人・知人に聞いた「あれってなんだったんだろう?」な出来事を16本収録
・編集部カルチャーレビュー(『花の在りか』『ラジオ下神白』)

——————–

Staff:
編集・発行|原航平+上垣内舜介
デザイン|岸田紘之

協力|もりみわこ
写真(P70-71,139)|小野奈那子

——————–

【概要】
編集・ライターの仕事をしている原航平と上垣内舜介が主導し、インディペンデントな体制で作っているカルチャー雑誌『VACANCES バカンス』。その第4号は「待つ、ひらく」をテーマに制作を開始し、インタビューや哲学対話を経て「待ちびらき」という存在しない言葉にたどり着きました。今回も、(本来の本作りには欠かせない)マネタイズや目的に囚われない熱量に身を任せた制作体制から、場や機会を開いて何かの到来を「待つ」実験的な誌面作りに挑戦しています。

(編集後記より)
「待つ」はどうしても受け身に感じてしまう言葉なので、悲惨な戦争が世界で起こり、私たちの生活を危ぶむ政治的・社会的な問題が降り積もる今この瞬間に「待つ」なんてそんな悠長なことを……と思わないこともありません。日々を過ごしていると、「いま動かないでいいのか?」とせき立てられる気持ちがほとんどです。ただそれでも、「待つ」には可能性があると思います。私たちがこの本で及んだ「待つ」は、ただ独りよがりに受け身でいる状態ではなく、抵抗としての小休止、あるいはよりよく生きるための祈りのようなものでした。また、ご寄稿いただいた作品には、日常の中でふいに訪れる「待つ」仕草の愛らしさや虚しさがさまざまに描かれています。待ちながら、心や体をひらいておくこと。場や機会をひらきながら、偶然を待つこと。私たちはそんな「待ちびらき」を実践し続けてみます。