古賀及子「ごめん、あれやっぱパンだった」

3912

1,000円(税込1,100円)

在庫状況 21

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
面白読み物サイト「デイリーポータルZ」等でも活躍されているライターの古賀及子さんによる、2020年2月〜7月の日記です。

2020年4月7日〜5月25日分は『会社員、中学生、小学生、3人暮らしの緊急事態宣言日記』という本(こちらも発売中です!https://shikaku-online.shop-pro.jp/?pid=156211604)
に収録されているので、それ以外の部分を抜粋したものがこちら。

コロナウイルスによる社会の変化の影が随所に現れつつも、とりあえず「寝ると朝になる」という前向きさで賑やかな日々が綴られています。

読んでいるうち、とにかく生活は続く!そして続く以上は精一杯楽しくやろう!という気持ちがわき起こる一冊です!

A5/90ページ

(以下、公式サイトより)
ごめん、あれやっぱパンだった
まばたきをする体 2020年2月-7月
古賀及子(こが ちかこ)

A5 90ページ 1000円 左綴じ

装画:杉山真依子
組版:山階基

はてなブログとnoteでまいにち更新中の日記「まばたきをする体」の2020年2月〜7月の更新分からご好評回をよりぬいて掲載しました。

子どもの中学受験、新型コロナウイルスの感染拡大、一斉休校、緊急事態宣言の発令、子どもたちの進学と進級、緊急事態宣言の解除、学校の再開のなかの、会社員、中学生、小学生の3人暮らしのようすです。