小林エリコ「家族、捨ててもいいですか? 一緒に生きていく人は自分で決める」

3724

1,500円(税込1,650円)

在庫状況 4

購入数


↑If you would like to buy this item from outside Japan, please click this banner!
↑海外発送をご希望の方は、こちらのバナーをクリック!
『この地獄を生きるのだ』『わたしはなにも悪くない』などの著作で注目を集める文筆家・小林エリコさんによる、家族をテーマにしたエッセイ集です。

小林エリコさんが「完全に壊れてしまった」と表現する家族との思い出について、じっくり掘り下げていくうちに、今の自分のあり方や、未来の自分の家族像についても考えが及んでいきます。

大津萌乃さんによる装画も素敵な一冊です。

四六版/232ページ

(公式より引用)

私は十代の頃から結婚なんてするもんかと思っていた。
年中「誰のおかげで飯が食えると思ってるんだ」と怒鳴り散らす父と暮らしていると、
結婚に治しての夢というものがなくなる。
王子様と結婚したシンデレラだって本当に幸せだったかどうか怪しい。
お世継ぎを産めと言われたり、王子が浮気をしたりしたのではないか。
――本文より

酔って暴れる父、それを止めない母、父を学習して「私」を殴る兄…
機能不全の家族なのに、愛着がないわけでもない。
あんな父でも、会いたい。

でも、共に生きていく人を家族と呼ぶならば、これからは一緒に生きていく人を自分で決める。
そう決めた著者による、「家族」の枠組みを考え直すための胸をえぐられるようなエッセイ。

イメージはありません。